小説現代

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

小説現代

定期購読お申し込み

講談社リブラリアンの書架

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

トップ > 単行本紹介 > 長州シックス 夢をかなえた白熊

長州シックス 夢をかなえた白熊 / 荒山徹

定価¥1,500円(税別)

長州シックス

夢をかなえた白熊

荒山徹

ロンドンにシロクマ藩士!?
「我が名は白石阿定(しろいしくまさだ)である」

語り口と結末は、まるで落語の味わい。
名人・荒山徹の幕末異聞集!

あらすじ

1863年、長州藩の欧州遠征。これは内輪の者しか知らぬが世に云う「長州ファイヴ」――ロンドンに向かう5人の他に実はもう一人いた。つまり「長州シックス」だったのだ。
生麦事件、蛤御門の変(はまぐりごもんのへん)、天誅組(てんちゅうぐみ)……幕末の大事件の陰に、知られざる者たちの存在あり。
激動の時代を生きた男たちを、笑いと涙で描く5つの異聞。

編集者より

「柳生一族」、「日本」、「朝鮮半島」をクロスさせた時代小説を描く荒山徹氏。あまりに奇想天外で、あまりに自由な作風は、他の時代小説作家の追随を許さず、熱烈なファンを生み出してきました。

この荒山氏が挑戦した舞台は幕末と維新の時代!
生麦事件、蛤御門の変、長州五傑のヨーロッパ遠征、天誅組など有名な史実に、知られざる者たちが絡む意外伝で構成されており、軽妙洒脱な展開はまるで落語や講談を聞いているかのよう。5編の結末(オチ)はどれもが絶品!

「笑いと涙」にあふれた時代小説短編集です。

著者

荒山徹(あらやま・とおる)

1961年富山県生まれ。
上智大学卒業後、新聞社、出版社勤務を経て韓国に留学。1999年『高麗秘帖』で作家デビュー。
2008年『柳生大戦争』で第2回舟橋聖一文学賞を受賞。

荒山徹の好評既刊