小説現代

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

小説現代

定期購読お申し込み

講談社リブラリアンの書架

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

トップ > 単行本紹介 > お父さんと伊藤さん

お父さんと伊藤さん /中澤日菜子

定価¥1,400(税別)

お父さんと伊藤さん

中澤日菜子

フリーター……あたし、34歳。
彼氏……伊藤さん、54歳。
元教師……お父さん、74歳。

娘と彼氏の狭い同棲部屋で始まったぎこちない共同生活。
すれ違って生きてきた父と娘に心通じ合える日は?

第8回小説現代長編新人賞受賞作。
石田衣良、伊集院静、角田光代、杉本章子、花村萬月ら
選考委員を満場一致でうならせた「家族小説」。

あらすじ

34歳の彩は伊藤さんと暮らしている。彼はアルバイト生活をする54歳。
ある日、彩のもとに兄から「お父さんを引き取ってくれないか」との依頼が。
同棲中の彩は申し出を拒むが、74歳の父は身の回りの荷物を持って、部屋にやってきてしまった。
伊藤さんの存在を知り、驚く父。それでも「この家に住む」と譲らない。
その日から六畳と四畳半のボロアパートでぎこちない共同生活が始まった。
ところが父にはある重大な秘密が……。
誰にでも起こりうる家族問題を、笑いと緊張の絶妙なタッチで描くデビュー作!

石田衣良

台詞の上手さは出色。


伊集院静

安心して読める文章力を備えていた。


角田光代

思わず家とは何かを考えさせられた。


杉本章子

これほど登場人物の体温を感じた作品はなかった。


花村萬月

テンポよく読めたし、とても安定。


編集者より

選考会で満場一致で選ばれた第8回小説現代長編新人賞受賞作は、家族や愛情の再生を描いた作品。
誰もが抱えるテーマをデビュー作とは思えないくらいの構成力や筆致で読ませます。
スター作家候補の誕生です!

著者

中澤日菜子(なかざわ・ひなこ)

1969年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。出版社勤務の後、劇作家として活動。小説執筆にも取り組み、本作で第8回小説現代長編新人賞を受賞した(応募時タイトル『柿の木、枇杷も木』)。また戯曲では、2007年に「ミチユキ→キサラギ」で「第3回仙台劇のまち戯曲賞」大賞、2012年に「春昼遊戯」で「第4回泉鏡花記念金沢戯曲大賞」優秀賞などの受賞歴がある。

中澤日菜子の好評既刊