小説現代

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

小説現代

定期購読お申し込み

講談社リブラリアンの書架

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

トップ > 単行本紹介 > そして、星の輝く夜がくる

そして、星の輝く夜がくる/ 真山仁

定価¥1,500円(税別)

そして、星の輝く夜がくる

真山仁

東日本大震災から三年の月日をかけ紡ぎ出された希望と祈りの物語。著者自らが体験した阪神・淡路大震災。そして2011年3月11日。被災地の小学校を舞台に描かれる「六つの願い」。

あらすじ

「まいど!」
神戸から被災地にある遠間第一小学校に赴任した応援教師の小野寺徹平。彼は児童たちとの交流の中に、被災地が抱える問題と向き合っていく――。
子どもの視線をとおして見える、被災地の、日本の問題と歪み。
生者と死者、原発事故、ボランティア、震災遺構、記憶と忘却。
混乱から未来へと向かう生命の輝きを描く、六つの連作短編集。

星は変わらずいつも輝いているんだろうな
その光は癒しというより、無力な人間に成り下がった
自分を咎める目のように思えた。――――本文より

著者

真山仁(まやま・じん)

1962年大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。新聞記者、フリーライターを経て、2004年熾烈な企業買収の世界を赤裸々に描いた『ハゲタカ』でデビュー。
2007年、『ハゲタカ』『ハゲタカ2』(「バイアウト」改題)(講談社文庫)がNHKドラマに、2009年、「ハゲタカ」シリーズ三作目となる『レッドゾーン』(講談社文庫)が映画化される。
2012年、地熱発電を題材に日本のエネルギー問題に迫る小説『マグマ』(角川文庫)がWOWWOWで5話連続ドラマ化された。そのほかの著書に、農政問題に切り込む『プライド』『黙示』(共に新潮社)、政治の混迷、原発問題に迫る渾身作『コラプティオ』(文藝春秋)では直木賞、山田風太郎賞候補にもなった。近著に「ハゲタカ」シリーズ第四作目の『グリード』がある。

真山仁の好評既刊

    なし