小説現代

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

小説現代

定期購読お申し込み

講談社リブラリアンの書架

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

トップ > 単行本紹介 > 還暦少年

還暦少年 / 平山 讓

定価¥1,550円(税別)

還暦少年

平山 讓

六〇歳のプレイボール。
挑戦することでしか、明日は拓けない!
感動のリアルストーリー。

あらすじ

還暦軟式野球選手権 全国に四〇〇以上のチームがあり、六〇歳を超えた約二万人の選手が、いまだ野球に熱中している。
この小説は、東京に実在する還暦野球強豪チームに集った選手たちの<人生>という物語である。
・定年後に自分の居場所を見失った元会社人間が出会った人は。
・五年生存率四割。病魔と闘いながらグラウンドに立つ男。
・六二歳から野球を始めた「シンマイ選手」の孤独な奮闘!
・妻を失い悲嘆に暮れる元グローブ職人が見つけたものは。
この本の中に、「明日の希望」が見つかる。

名球会投手・村田兆治氏推薦

人生 先発 完投

人は誰でも人生という大切なマウンドに立っている。簡単に降板するわけにはいかない。

力の限りをだして、幸せな人生を完投して欲しい。

「0勝0敗」はつまらない。傷つくような1敗があっても、また立ち上がって、1勝しようとすればいいじゃないか。

編集者より

還暦野球。多くの人はその存在を知らないかも知れませんが、毎年、地区大会、全国大会も行われている野球選手権です。この小説は、東京に実在する還暦野球チームを、丁寧に取材し、それぞれの選手が背負っている生き様、その人生を見つめ描き出したリアル・ストーリーです。
挑戦し続けることでした、明日は拓けない! というメッセージが、強く胸に響きます。
心に元気をくれる感涙の物語。この中に、きっとあなたの明日が見つかります!

著者

平山 讓(ひらやま・ゆずる)

一九六二年、東京都生まれ。実話を基にした物語(リアル・ストーリー)を数多く手掛ける。実在の人物に光を当て、スポーツを通じて再生する人の生を見つめる小説、ノンフィクションを発表している。
『還暦ルーキー 60歳でプロゴルファー』(文庫版『ありがとう』)は映画化されベストセラーとなった。そのほかの著書に、『ファイブ』『魂の箱』『4アウト ある障害者野球チームの挑戦』『最後のスコアブック』『灰とダイヤモンド 三宅島高校野球部、復興へのプレイボール』などがある。また、脳卒中患者たちの再起を描いた『片翼チャンピオン』(講談社文庫)は本書と同時刊行されている。

平山 讓の好評既刊