小説現代

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

小説現代

定期購読お申し込み

講談社リブラリアンの書架

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

トップ > 単行本紹介 > イカロス・レポート

イカロス・レポート / 竹田真太朗

定価¥1,500円(税別)

イカロス・レポート

竹田真太朗

「モテるために飛ぶ!」

非モテ男子、大空へ。
めざすは、鳥人間コンテスト優勝!

“男子感動”、“女子爆笑”の青春小説
期待の新人、最新作!

スペシャルページ「イカロス・リポート 〜鳥人間たちの暑い夏〜」

あらすじ

人生に波風立てる異性の影も形もない、平凡な日々を過ごす理系学生・坂崎基樹。そんな男が悪友に誘われ鳥人間コンテストのパイロットを目指すことに。飛行機サークルの下級生に一目惚れした彼は、授業そっちのけで猛特訓を始めるが、あるトラブルが彼の心に大きな影を……。

金杉由美さん(明正堂NTT上野店)

青春のイタさ青さ一途さを特濃のまま詰め込んだ眩しすぎる小説。


20代・女子(読者モニター)

ひたむきにがんばる姿は、バカカッコいい。この爽快感がクセになる。


30代・男子(読者モニター)

男はいくつになっても、女性の前ではカッコつけたがる生き物だ。自分自身も含めて。


50代・男子(読者モニター)

50歳オヤジのハートに火をつけてくれた。読み終わるのがもったいないと思いながら一気読み。

編集者より

スマートな恋愛など出来るはずもない男の「恋」に対する葛藤と奮闘を圧倒的な筆力で描いた竹田真太朗氏のデビュー作『不束な君と素数な彼女』。この作品は数多の講談社文芸編集者の心を鷲づかみにしました。
今年1月デビューから間を置かずして発表される第二作も、非モテ男子が主人公ですが、「恋愛」、「スポーツ」を笑いと感動でいろどった真っ直ぐな青春小説に!
ちなみに本家「鳥人間コンテスト」のキャッチフレーズは、『飛ばなきゃならないワケがある!』 登場人物たちが大空にかけるそれぞれの「ワケ」をぜひお読み下さい。

著者

竹田真太朗(たけだ・しんたろう)

1984年神奈川県生まれ。早稲田大学理工学部を卒業後、電気機器メーカーにて勤務。青春小説『不束な君と素数な彼女』で講談社が新設した公募新人賞「ワルプルギス賞」を受賞し、2014年1月にデビュー。圧倒的な筆力と構成力、魅力的なキャラクター作りで注目が集まる新鋭作家。

竹田真太朗の好評既刊