小説現代

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

小説現代

定期購読お申し込み

講談社リブラリアンの書架

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

トップ > 単行本紹介 > TATSUMAKI 特命捜査対策室7係

TATSUMAKI 特命捜査対策室7係/曽根圭介

定価¥1500

TATSUMAKI

特命捜査対策室7係

曽根圭介

5年前に起きた失踪事件のタレコミがあった。
現役刑事が容疑者になり殺人犯捜査係が当たったが、有力な手掛かりがなく捜査は終了していた――。

傍若無人に周りを引っ掻き回す女性刑事が、未解決事件を洗いなおす!

あらすじ

鬼切壮一郎は新人刑事として捜査一課に配属になる。一課といっても殺人捜査係ではなく、「未解決事件」を専門に扱う特命対策室だった。配属初日、壮一郎は早速、辰巳麻紀主任と本所東署に向かった。岡田という窃盗の容疑者が、5年前に起きた失踪事件をネタに、量刑の取引を持ち掛けてきたのだ。事件とは、小久保清二が突然姿を消し、兄の亮一が殺人犯として疑われた事案を指す。通常、成人男性が失踪しただけでは警察は動かないが、清二の妻が亮一を犯人だと訴えたことと、亮一が現役の刑事であったことで、殺人犯捜査係が捜査に当たることになった。が、亮一と失踪を結びつけることはできず、3か月後に捜査は終了している。岡田は、清二がヤバい仕事に手を出して消されたのだというが……!?

著者

曽根圭介(そね・けいすけ)

1967年静岡県生まれ。早稲田大学商学部中退。サウナ従業員、漫画喫茶店長、無職時代を経てから、執筆活動を開始する。2007年、「鼻」で第14回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞。さらに、『沈底魚』で第53回江戸川乱歩賞を受賞して、ダブル受賞を果たす。2009年、「熱帯夜」で第62回推理作家協会賞・短編部門を受賞し、若手ミステリー作家として注目を集める。近著に『殺し屋.com』がある。

曽根圭介の好評既刊

    なし