リブラリアンの書架

小説現代群像IN★POCKET文芸単行本講談社ノベルズKODANSHA BOX講談社文庫ホワイトハート

講談社リブラリアンの書架

お知らせ

2017.01.15

「講談社リブラリアンの書架」1月号をアップしました。
今月の出演作家は泉ゆたかさん、澤村伊智さん、矢月秀作さんです。

今月の動画
※動画は全編だけでなく個別にご覧いただくことも可能です。
「リブラリアンの書架」2月号 全編

『お師匠さま、整いました!』著者:泉ゆたか

お師匠さま、整いました!

『お師匠さま、整いました!』
著者:泉ゆたか
定価:本体 1400円(税別)

いつの世も、働く女性はカッコいい

寺子屋を舞台に女師匠が大奮闘!
爽やかでほんのり温かい“時代×お仕事”小説登場!!

享保十一年、茅ヶ崎は大岡越前守の菩堤寺である浄見寺。今は亡き夫の跡を継ぎ、桃は寺子屋で子どもたち相手にお師匠さまをしている。そんなある日、酒匂川の氾濫で両親を亡くした春が寺子屋を訪ねてくる。すでに大人の身でありながら、もう一度算術を学び直したいという。はじめは戸惑う桃だったが、春の朴訥さと一生懸命さに次第に魅せられていく。しかし、寺子屋で一番秀才な生意気娘・鈴が黙っているはずはなく……。

活き活きとした人物描写を全選考委員が絶賛!!
一筋縄ではいかない寺子屋ライフを描いた
第11回小説現代長編新人賞受賞作!!

『恐怖小説 キリカ』澤村伊智

恐怖小説 キリカ

『恐怖小説 キリカ』
著者:澤村伊智
定価:本体 1500円(税別)

『ぼぎわんが、来る』、『ずうのめ人形』でエンタメ小説界を震撼させた澤村伊智が、スティーヴン・キングの傑作『ミザリー』に挑む!

人間が一番怖い――。
あなたの日常を侵食する究極のサイコ・サスペンス!

ホラー小説の新人賞を獲得し、僕は出版に向けて準備をはじめた。隣には支えてくれる最愛の妻・キリカ。
順風満帆な日々が続くと思われたが、友人の一人が「作家とは人格破綻者である」「作家は不幸であるべき」と一方的な妄想を僕に押し付け、嫌がらせをはじめる。ストーカー行為、誹謗中傷の手紙、最悪の贈り物。
やがて不幸(ミザリー)は、僕とキリカのとある「秘密」を暴き出すが――。

『ACT2 告発者 警視庁特別潜入捜査班』矢月秀作

ACT2 告発者 警視庁特別潜入捜査班

『ACT2 告発者 警視庁特別潜入捜査班』
著者:矢月秀作
定価:本体 660円(税別)

警視庁特別潜入捜査班:組織犯罪摘発のため、警視庁が密かに設立した“非合法”潜入捜査班。
ジェネリック薬品を巡る不正とその巨大な利権を告発しようとした内部告発者が失踪した!
下北沢の「つつみんシアター」の劇団員として暮らす「田宮一郎」を中心に集められたメンバーは、医薬品の検査組織「日医検」、イチマル製薬への潜入捜査を命じられる。
製薬会社の権力とその金の背後に蠢く人間たち。巨大な陰謀を、白日の下にさらせ!
傑作『ACT 警視庁特別潜入捜査班』シリーズ、待望の第2作目刊行! 文庫オリジナル

▲ページトップへ