リブラリアンの書架

小説現代群像IN★POCKET文芸単行本講談社ノベルズKODANSHA BOX講談社文庫ホワイトハート

講談社リブラリアンの書架

お知らせ

2017.06.15

「講談社リブラリアンの書架」7月号をアップしました。
今月の出演作家は朝倉宏景さん、大倉崇裕さん、松岡圭祐さんです。

今月の動画
※動画は全編だけでなく個別にご覧いただくことも可能です。
「リブラリアンの書架」7月号 全編

『風が吹いたり、花が散ったり』著者:朝倉宏景

風が吹いたり、花が散ったり

『風が吹いたり、花が散ったり』
著者:朝倉宏景
定価:本体 1350円(税別)

汗も涙も笑いも本物だ
本年度青春小説の大本命!
視覚障害のある、さちの伴走者となり、盲人マラソンに挑むことになった亮磨。
クソみたいな夢も、ブラックバイトの日々も、二人で走ればどうでもよくなってくる――。
でも、僕は彼女に嘘をついている。本当は隣を走る資格なんてないんだ。

『クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係』著者:大倉崇裕

クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係

『クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係』
著者:大倉崇裕
定価:本体 1550円(税別)

2017年7月から連続テレビドラマ化!
大人気「警視庁いきもの係」シリーズ待望の第4弾!
ピラニア、クジャク、ハリネズミが登場する傑作中編3作を収録!

学同院大学で起きた殺人事件の容疑者は、クジャク愛好会の奇人大学生! だが無実を信じる警視庁いきもの係の名(迷)コンビ、窓際警部補・須藤友三と動物オタクの女性巡査・薄圭子はアニマル推理を繰り広げ、事件の裏側に潜むもうひとつの犯罪を探り当てる!? 犯人確定のカギはクジャクの「アレ」!?

『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』著者:松岡圭祐

シャーロック・ホームズ対伊藤博文

『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』
著者:松岡圭祐
定価:本体 830円(税別)

ゴッド・オブ・ミステリー・島田荘司推薦! これは歴史の重厚に、名探偵のケレン味が挑む興奮作だ。
シャーロック・ホームズが現実の歴史に溶けこんだ。いかに彼は目撃者のいないライヘンバッハの滝で、モリアーティ教授に対する正当防衛を立証し、社会復帰しえたのか。日本で実際に起きた大津事件の謎に挑み、伊藤博文と逢着する。聖典【シリーズ】のあらゆる矛盾が解消され論証される、二十世紀以来最高のホームズ物語。

▲ページトップへ