小説現代

小説現代

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

トップ > 貴志祐介『新世界ゼロ年』

貴志祐介

『新世界ゼロ年』

『新世界ゼロ年』

貴志祐介

これまでのあらすじ
ノナから「手塚不律が明日東京駅に行く」という情報を得た吉村真二朗は、荒れ果てた東京駅へと向かう。吉村は、手塚とボディガードと思われる一団に強烈な念動力を放った。そこにサビーナが慌ててやってきて、吉村にこれはノナの罠だから逃げるようにと告げる。サビーナは機関銃弾を受けて死んでしまった。

2019/03/22配信

ご覧の環境では、object要素がサポートされていないようです。こちらからダウンロードしてお読みください。

第83回 こちらからお読みください。
PDFファイルにリンクします。

2019/02/22配信

ご覧の環境では、object要素がサポートされていないようです。こちらからダウンロードしてお読みください。

第82回 こちらからお読みください。
PDFファイルにリンクします。

2019/01/22配信

ご覧の環境では、object要素がサポートされていないようです。こちらからダウンロードしてお読みください。

第81回 こちらからお読みください。
PDFファイルにリンクします。

2018/12/22配信

ご覧の環境では、object要素がサポートされていないようです。こちらからダウンロードしてお読みください。

第80回 こちらからお読みください。
PDFファイルにリンクします。

2018/10/22配信

ご覧の環境では、object要素がサポートされていないようです。こちらからダウンロードしてお読みください。

第79回 こちらからお読みください。
PDFファイルにリンクします。
著者プロフィール

貴志祐介 きし・ゆうすけ
’59年大阪府生まれ。'97年『黒い家』で日本ホラー小説大賞受賞。『新世界より』『悪の教典』など、独自の作品世界で多くのファンを持つ。最新作は『ミステリークロック』。