小説現代

小説現代

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

トップ > 貴志祐介『新世界ゼロ年』

貴志祐介

『新世界ゼロ年』

『新世界ゼロ年』

貴志祐介

これまでのあらすじ
龍司と美步は、新宿EZとの闘いが始まりそうで殺気立っている渋谷EZから、絶大な念動力を持った女の子、マコちゃんを連れて逃げ出そうとする。しかし、魔王子である藤倉怜央に見つかってしまい、ついに怜央に立ち向かう。その瞬間、すさまじい閃光が放たれた。

2018/12/22配信

ご覧の環境では、object要素がサポートされていないようです。こちらからダウンロードしてお読みください。

第80回 こちらからお読みください。
PDFファイルにリンクします。

2018/10/22配信

ご覧の環境では、object要素がサポートされていないようです。こちらからダウンロードしてお読みください。

第79回 こちらからお読みください。
PDFファイルにリンクします。
著者プロフィール

貴志祐介 きし・ゆうすけ
’59年大阪府生まれ。'97年『黒い家』で日本ホラー小説大賞受賞。『新世界より』『悪の教典』など、独自の作品世界で多くのファンを持つ。最新作は『ミステリークロック』。