小説現代

小説現代

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

トップ > 夢枕獏『大江戸化龍改』

夢枕獏

『大江戸化龍改』

『大江戸化龍改』

夢枕獏

これまでのあらすじ
ありた屋の妙に続き、息子の進三郎も変死した。遊斎は平賀源内を訪い、犬の鼻がどれだけよいのかについて尋ね、またある物を入手してもらうよう頼む。一方、土平は“さむらい憑き”が出た上野の屋敷に出入りしていたのが、進三郎の兄の源治郎であることを突き止めた。

2018/11/22配信

ご覧の環境では、object要素がサポートされていないようです。こちらからダウンロードしてお読みください。

PDFファイルにリンクします。こちらからお読みください
著者プロフィール

夢枕獏 ゆめまくら・ばく
'51年神奈川県生まれ。『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞受賞、『大江戸釣客伝』で泉鏡花文学賞、舟橋聖一文学賞、吉川英治文学賞をトリプル受賞。『陰陽師』は漫画家、映画化、ドラマ化、舞台化、新作歌舞伎にもなった一大人気シリーズ。