小説現代

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

小説現代

定期購読お申し込み

講談社リブラリアンの書架

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

最新号紹介

小説現代

小説現代1月号定価926円(税別)

私をつくった 時代小説ベスト3

門井慶喜 貴志祐介 北方謙三 澤田瞳子 立川談四楼 畠中恵 花房観音 ミムラ 矢野隆 和田竜

新春 時代小説 競演!

一汁五菜朝井まかて

私と鈴と青山文平

関の戸西條奈加

小説現代長編新人賞

小説現代長編新人賞

五木寛之、伊集院静、皆川博子、北原亞以子、勝目梓、川上健一、橋本治、金城一紀、朝井まかてなど、数多くのベストセラー作家を生み出してきた小説現代新人賞。
250枚から500枚の長編小説を募集します。賞金は300万円。小説誌の新人賞としては最高額です。受賞作は本誌誌上で発表の上、講談社から単行本になります。

第12回小説現代長編新人賞結果発表
第13回小説現代長編新人賞募集要項

江戸川乱歩賞

第62回江戸川乱歩賞募集

江戸川乱歩賞募集
正賞 江戸川乱歩像 副賞 1000万円
受賞作は講談社より刊行し、フジテレビによって映像化されます。
多くの大型作家を輩出した 推理小説界の名門・江戸川乱歩賞の募集をいたします。

第62回江戸川乱歩賞募集

最新刊

  • フォークロアの鍵

    川瀬七緒

    フォークロアの鍵/ 川瀬七緒

    乱歩賞作家の傑作長編・深層心理ミステリー

  • 黒い結婚 白い結婚

    中島京子、窪美澄ほか

    黒い結婚 白い結婚/ 中島京子、窪美澄ほか

    楽園か、墓場か。気鋭の女性作家7人によるアンソロジー。

  • 産まなくても、産めなくても

    甘糟りり子

    産まなくても、産めなくても/ 甘糟りり子

    妊娠と出産にまつわる、七編の小説集

  • 北斎まんだら

    梶よう子

    北斎まんだら/ 梶よう子

    浮世絵の巨人・葛飾北斎を描いた絵画歴史小説の傑作

  • 竜は動かず

    奥羽越列藩同盟顚末

    上 万里波濤編

    上田秀人

    竜は動かず 奥羽越列藩同盟顚末 上 万里波濤編/ 上田秀人

    書き下ろし文庫大人気作家の、大スペクタクル長編歴史小説

  • 竜は動かず

    奥羽越列藩同盟顚末

    下 帰郷奔走編

    上田秀人

    竜は動かず 奥羽越列藩同盟顚末 下 帰郷奔走編/ 上田秀人

    書き下ろし文庫大人気作家の、大スペクタクル長編歴史小説の下巻

  • 潮騒のアニマ

    法医昆虫学捜査官

    川瀬七緒

    潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官/ 川瀬七緒

    乱歩賞作家の大人気・警察ミステリーシリーズ最新作

  • 平成釣客伝

    夢枕獏の釣り紀行

    夢枕獏

    平成釣客伝 夢枕獏の釣り紀行/ 夢枕獏

    獏は雑魚を釣る。大魚を釣る。地球を釣る。宇宙を釣る。 ――北方謙三

    ロシア、カナダ、アマゾン、そして日本の津々浦々。
    文壇きっての釣り師が明かす釣り作法、そして釣りとは人生とは。

    オールカラー、詳細な地図が入った愛蔵保存版。
    釣る人も、釣らない人もぐっとくる美しい釣り本誕生!


  • 浜の甚兵衛

    熊谷達也

    浜の甚兵衛/熊谷達也

    一攫千金!
    イチかバチかの大勝負。
    北の海に生きる男の覚悟と侠気。

    著者ライフワーク「仙河海サーガ」の出発点にして最新作!

  • ノスタルジー1972

    重松清/中島京子/堂場瞬一/朝倉かすみ/早見和真/皆川博子

    ノスタルジー1972/重松清、中島京子、堂場瞬一、朝倉かすみ、早見和真、皆川博子

    1972。

    何かが終わり、すべてが始まった年。

    豪華執筆陣がノスタルジーとともに今に繋がる日本を描き出すクロニクルアンソロジー。

  • 天子蒙塵

    第一巻

    浅田次郎

    天子蒙塵 第一巻/ 浅田次郎

    家族とは何か。自由とは何か。

    王朝再興を夢見る溥儀。
    イギリス亡命を望む正妃・婉容。
    そして側妃・文繍は「自由」を選んだ。

    累計500万部突破の国民的大ベストセラー「蒼穹の昴」シリーズ第5部スタート。待望の最新刊。

    【シリーズ500万部】『蒼穹の昴』から20年、待望の最新作──浅田次郎を直撃インタビュー

  • 湖底の城

    呉越春秋 第七巻

    宮城谷昌光

    湖底の城 呉越春秋 第七巻/宮城谷昌光

    謎多き人物、范蠡。

    ついに彼の物語が始まる。

    待望の第七巻!

  • ヴァラエティ

    奥田英朗

    ヴァラエティ/奥田英朗

    著者お気に入りの短編から、唯一のショートショート、敬愛するイッセー尾形氏、山田太一氏との対談まで、あれこれ楽しい贅沢な一冊!!

  • エウレカの確率

    経済学捜査員vs.談合捜査

    石川智健

    エウレカの確率 経済学捜査員vs.談合捜査/石川智健

    立ちはだかるは、狡猾な合理的殺人者

    「経済学の理論を使って、自白させてみせましょう」

    ニューウェーブ警察ミステリー

  • 花や今宵の

    藤谷治

    花や今宵の/藤谷治

    昨日と今日と明日がつながっているなんて、誰にも言えない。

    季節外れの桜が咲き乱れる山で姿を消した少女。

    彼女に何があったのか。

  • されど“男”は愛おしい

    齋藤薫

    されど“男”は愛おしい/ 齋藤薫

    これが、男の新基準。

    15万部ベストセラー『されど“服”で人生は変わる』の著者が
    緻密に無慈悲に、愛を込めて男について語る。

    「小説現代」での人気エッセイ、ついに単行本化。

  • 罪の声

    塩田武士

    罪の声/ 塩田武士

    未解決事件の闇には、犯人も、その家族も存在する。
    圧倒的な取材と着想で描かれた全世代必読! 本年度最高の長編小説。
    昭和最大の未解決事件―「ギンガ萬堂事件」の真相を追う新聞記者と「男」がたどり着いた果てとは――。
    気鋭作家が挑んだ渾身の長編小説。

    スペシャルページ 塩田武士 創作秘話

  • 私が失敗した理由は

    真梨幸子

    私が失敗した理由は / 真梨幸子

    成功の秘訣、それは失敗をしないこと!?

    順風満帆な人生が続くと思ったら大間違い。
    道を大きく踏み外してしまった男女が織りなす、
    疾風怒濤のミステリーがここに!

    イヤミスの女王が放つ最新作登場

  • 歌姫メイの秘密

    伊藤たかみ

    歌姫メイの秘密-伊藤たかみ

    お願い。いっぺんだけ、ぎゅっとして

    それは世界一の初恋だった。

    芥川賞作家が送る、峻烈なボーイ・ミーツ・ガール!


  • 治部の礎

    吉川永青

    治部の礎 / 吉川永青

    歴史の細部を丁寧に掬う作家、吉川永青が現代人に問う、政治家石田三成の志。
    渾身の書き下ろし長編小説。

  • お茶の時間

    益田ミリ

    お茶の時間 / 益田ミリ

    ゆるっと、ふわっと、今日もどこかへお茶しに行こう。

    女がゆるむティータイム
    隣りの席の話題はなぁに?

    カフェあるある満載!! 寄り道系コミックエッセイ

  • 犬死伝(いぬじにでん)

    赫ける草莽の志士(かがやけるそうもうのしし)

    小嵐九八郎

    犬死伝 赫ける草莽の志士/ 小嵐九八郎

    赤報隊を率いた相楽総三の生涯を描く、長編歴史小説

  • ビジュアル年表 台湾統治五十年

    乃南アサ

    ビジュアル年表 台湾統治五十年/ 乃南アサ

    日本人の知らない日本が、台湾には遺っている

    台湾の国立台湾歴史博物館および秋恵文庫の協力のもと、多数の歴史資料と文物をカラー写真で紹介しつつ、
    日本統治時代の五十年の歴史を一小説家の目から紐解いていく画期的ビジュアル歴史クロニクル

  • ブラック・ドッグ

    葉真中 顕

    ブラック・ドッグ / 葉真中顕

    『ロスト・ケア』『絶叫』の著者が挑む、倫理の限界線。

    今年最大のスケールで送る、今年最大の問題作。

  • 風の如く

    高杉晋作篇

    富樫倫太郎

    風の如く 高杉晋作篇/ 富樫倫太郎

    まだ終われない。
    この国を造りかえるまでは。

    「風の如く」シリーズ、堂々の完結!

  • 遊園地に行こう!

    真保裕一

    遊園地に行こう! / 真保裕一

    明日も仕事に行くための、勇気と熱狂ここにあります! 

    感動を巻き起こせ!
    大ヒット『デパートへ行こう!』『ローカル線で行こう!』
    累計25万部突破「行こう!」シリーズ、待望の第3弾

  • 竜と流木

    篠田節子

    竜と流木

    この島には守り神がいた。

    どこで逆鱗に触れたのか?

    名手が描く、生物パニックミステリー!

  • 虹のふもと

    堂場瞬一

    虹のふもと / 堂場瞬一

    やめるなら――それは一体いつなんだ?

    堂場スポーツ小説の最前線。

    読む旅! 日本とハワイをつなぐベースボールジャーニー。

  • 花舞う里

    古内一絵

    花舞う里

    母親に連れられ、奥三河の集落に来た潤。
    そこは花祭りという伝統神楽が根付く地だった。

    自分だけがつらいと思っていた。
    でも、僕はなにも分かっていなかった。

  • 若様とロマン

    畠中恵

    若様とロマン

    開戦前夜、若様たちに降りかかった災難―――

    それはお見合いだった!

    『アイスクリン強し』『若様組まいる』に続くシリーズ第3弾登場!

  • クロコダイル路地Ⅱ

    皆川博子

    クロコダイル路地Ⅱ

    「法廷で裁かれるのは〈犯罪〉だ。神が裁くのは、〈罪〉だ」

    産業革命期のロンドンを駆け巡るイギリス篇。
    あの「バートンズ」も登場!
    小説の女王の最新ミステリ長編。

  • クロコダイル路地Ⅰ

    皆川博子

    クロコダイル路地Ⅰ

    quo fata trahunt, retrahuntque, sequamur.
    運命が運び、連れ戻すところに、われわれは従おう。

    革命期の貿易都市ナントから始まるフランス篇。
    小説の女王が描く壮大な叙事詩的物語と、仕組まれた巧妙な仕掛けに耽溺せよ。

  • 彼女がエスパーだったころ

    宮内悠介

    彼女がエスパーだったころ

    "倫理のエッジ"から世界は反転する。

    進化を、科学を、未来を―――人間を疑え!

    デビューから二作連続直木賞候補!
    202X年の世界的人気作家、最新作!!!!

  • リボルバー・リリー

    長浦京

    リボルバー・リリー

    純粋で一途、ゆえに冷徹非情―――
    VS.帝国陸軍1000人
    たった二人の六日間戦争

    小説現代長編新人賞から四年、待望の受賞第一作!

    砲煙弾雨に咲く百合の花。こいつはとことんストレートな、グッド・オールド・ハードボイルドだ!―――東山彰良

  • 蛇の道行

    加藤元

    蛇の道行

    家族は失った。けれど、隣にはお前がいる。
    戦後復興期を舞台に、親のない少年と若き未亡人の名付け得ぬ関係を描いた新たなる傑作!

    叙情に磨きがかかった。加藤元は、いまが旬の作家だ。―――伊集院 静

  • のっぴき庵

    高橋洋子

    のっぴき庵 /高橋洋子

    女優初の芥川賞候補になった
    元「NHK朝ドラ」ヒロインの
    実力派作家が描く人生応援小説

  • 帝都妖乱

    史上「最恐」のダークファンタジー

    久楽健太

    帝都妖乱

    「サヨウナラ、
    価値なき人間たちよ」

    古の秘術と最新科学を武器に
    異形の者たちを打倒せ!!

  • 闘う力

    再発がんに克つ

    なかにし礼

    闘う力 再発がんに克つ

    3/8「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日)に著者出演!
    また、3/9「ノンストップ!」(フジテレビ)にも出演予定。
    再発がんと闘った日々の中で
    抗がん剤治療や、開胸手術、戒名のことなど
    なかにし礼はどのように語るのか注目。

  • たそがれどきに見つけたもの

    朝倉かすみ

    たそがれどきに見つけたもの/朝倉かすみ

    人生の「秋」を迎えたおとなたちは、日々のささやかなことに喜びや憂いを感じながら生きている。

  • カナリア恋唄

    お狂言師歌吉うきよ暦

    杉本章子

    カナリア恋唄 お狂言師歌吉うきよ暦

    恋に生きるか、踊りをとるか。

    お吉の日向様への想いは届くのか。大奥の怪しい女子同士の色模様とは? 

    文字通り我が身を削って書き継いだ著者渾身の遺作、抜群の面白さ。

  • サブマリン

    伊坂幸太郎

    サブマリン/ 伊坂幸太郎

    陣内さん、出番ですよ。

    伊坂幸太郎、最新書き下ろし長編。

    伊坂幸太郎『サブマリン』特集ページ 刊行記念インタビュー公開

  • 301号室の聖者

    織守きょうや

    301号室の聖者/ 織守きょうや

    この病院には、あの病室には、何かがあるのではないか? 

    『黒野葉月は鳥籠で眠らない』『記憶屋』で注目度急上昇の作家・織守きょうや、感動を呼ぶ最新書き下ろし長編リーガル・ミステリ!

  • 吸血鬼

    佐藤亜紀

    吸血鬼

    怪異の霧に蠢くものとは――。
    著者、三年ぶり傑作長篇小説。
    新たなる代表作の誕生。

  • 踊り子と将棋指し

    坂上琴

    踊り子と将棋指し

    第10回小説現代長編新人賞受賞作
    呑み過ぎ? 自分の名前もわからない「三ちゃん」が
    大坂天満・南紀白浜、ストリップ巡業“涙の旅”へ!