小説現代

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

小説現代

定期購読お申し込み

講談社リブラリアンの書架

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

トップ > 単行本紹介 > 謀略航路

謀略航路/ 鳴海章

定価¥1,800円(税別)

謀略航路

鳴海章

音速の狩人Mig29。
にらまれたら逃れられない。

圧巻の迫力! 息も継がせぬ空中戦!

元航空自衛隊パイロットVS.シリア共和国空軍エース。
航空軍事サスペンスの旗手が描く、ありうべき世界の危機。
"アラブの春"は中東に平和をもたらしたのか。

あらすじ

激化するシリア内戦に対して送り込まれた多国籍和解仲介団。
だが、彼らの乗った旅客機はシリア空軍により首都から遠く離れた空港に強制着陸させられ、乗員乗客全員が拘束されてしまう。
戦火が迫る中、人質救出に送り込まれた元航空自衛隊パイロットたちは、空前絶後の作戦を決行する。

著者

鳴海章(なるみ・しょう)

1958年、北海道生まれ。日本大学法学部卒業後、PR会社勤務を経て、'91年に『ナイト・ダンサー』で第37回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。航空サスペンスで一時代を築き、映画化された『風花』などの作品で新境地を拓いた。著書に『ニューナンブ』『街角の犬』『えれじい』の警察小説3部作の他、講談社文庫書き下ろしの新シリーズ『中継刑事』、12年ぶりに筆を執った空戦エンターテインメント『マルス・ブルー』などがある。

鳴海章の好評既刊