小説現代

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

小説現代

定期購読お申し込み

講談社リブラリアンの書架

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

トップ > 単行本紹介 > 可愛い世の中

可愛い世の中

定価¥1,400(税別)

可愛い世の中

山崎ナオコーラ

お金を出すことで社会と関わっていきたい、豆子、32歳。
もちろん、自分の結婚式は、自分でお金を払いたい。
そして、外食、コンサート、義援金……。
金銭感覚の冒険!

あらすじ

芳香剤のメーカーで働く地味な会社員、豆子は、自身の結婚式を機に、金銭感覚が人生と共に変化していくことの面白さを発見する。
決して「モテ」を追求することなく、社会人としての魅力をアップしていきたい。
退職して、「香りのビジネス」を友人と起こそうと画策する。
香水に、セクシーではなく、経済力という魅力を!

編集者より

山崎ナオコーラさんならではの、センス溢れる独特な文章、ちょっと変わった人生の眺め方が堪能できる物語です。主人公の豆子さんは私ではないか? という感想をたくさんいただいています。 
「立ち読み」としてtwitterの「小説現代」アカウントで、『可愛い世の中』botを発信中。ぜひ覗いてみてください。



著者

山崎ナオコーラ(やまざきなおこーら)

山崎ナオコーラ

1978年に、福岡県に生まれる。埼玉県で育ち、東京都在住。2004年に、会社員をしながら書いた「人のセックスを笑うな」が第41回文藝賞を受賞して、デビュー。著書に、『カツラ美容室別室』『指先からソーダ』『論理と感性は相反しない』『長い終わりが始まる』『この世は二人組ではできあがらない』『ニキの屈辱』『昼田とハッコウ』『太陽がもったいない』『ボーイミーツガールの極端なもの』などがある。

目標は、「誰にでもわかる言葉で、誰にも書けない文章を書きたい」。

山崎ナオコーラの好評既刊

    なし