小説現代

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

小説現代

定期購読お申し込み

講談社リブラリアンの書架

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

トップ > 単行本紹介 > 蛇の道行

蛇の道行

定価¥1,600円(税別)

蛇の道行

加藤元

家族は失った。けれど、隣にはお前がいる。
戦後復興期を舞台に、親のない少年と若き未亡人の名付け得ぬ関係を描いた新たなる傑作!

叙情に磨きがかかった。加藤元は、いまが旬の作家だ。―――伊集院 静

あらすじ

昭和24年、上野。戦争未亡人ばかりを集めたバー・山猫軒に、ひっそりと暮らす若い女性と少年がいた。バーを切り盛りする青柳きわと、住み込みで働く立平だ。

立平は満州で生まれた。幼い頃に母を亡くし、無口な父とばあやと過ごす平穏な日々は、ある夏の日に突然終わりを告げた。敗戦で父も喪った立平は、父の恋人と一緒にまだ見ぬ祖国を目指す船に乗った――。

きわは日本で生き残った。戦地から負傷して戻った夫が看病の甲斐なく亡くなり、大きな屋敷に一人きりになったきわの元に、おかしな母子が転がり込んできた。母親は息子を置いて姿を消してしまう――。

なにがあっても、離れない。
家族は失った。けれど、隣にはお前がいる。

生き抜くため、絡み合う蛇のように彼らは時代を駆け抜けた。戦後復興期を舞台に、親のない少年と若き未亡人の名付け得ぬ関係を描いた加藤元の新たなる傑作!

叙情に磨きがかかった。加藤元は、いまが旬の作家だ。―――伊集院 静


最後の最後で大どんでん返し、この展開、傑作まちがいなし。
―――柳 幸子さん(丸善横浜ポルタ店)

疑惑が露わになったとき、自分の中の「正義」が崩れる。やりやがったな、加藤元。
―――久田かおりさん(精文館書店中島新町店)

著者

加藤元(かとう・げん)

1973年、神奈川県生まれ。日本大学芸術学部中退。2009年『山姫抄』で第4回小説現代長編新人賞を受賞してデビュー。2012年『泣きながら、呼んだ人』がさわや書店のオススメ本年間第1位に選ばれる。著書に『嫁の遺言』『私がいないクリスマス』『キネマの華(ヒロイン)』『四月一日亭ものがたり』『十号室』などがある。

加藤元の好評既刊

    なし