小説現代

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

小説現代

定期購読お申し込み

講談社リブラリアンの書架

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

トップ > 単行本紹介 > 若様とロマン

若様とロマン

定価¥1,500円(税別)

若様とロマン

畠中恵

開戦前夜、若様たちに降りかかった災難―――

それはお見合いだった!

『アイスクリン強し』『若様組まいる』に続くシリーズ第3弾登場!

あらすじ

一見平和そうに見える明治の世の中に、不穏な空気が漂いはじめていた。
数年経たない内に”戦争”が始まるかもしれない――。
小泉琢磨は、戦へと突き進む一派の意向をおさえるべく、密かに動いていた。が、このままでは開戦派のやりたいようになってしまう、そう懸念した琢磨は、今以上に仲間を集めようと考える。そしてその秘策がなんと、「若様たちのお見合い」だったのだ!
一人目は一番の難関であろう、園山薫で……。
お見合いをさせ、縁組みをし、開戦派に対抗する同志を増やそうというその魂胆、果たして?!

著者

畠中恵(はたけなか・めぐみ)

高知県生まれ、名古屋育ち。名古屋造形芸術短期大学ビジュアルデザインコース・イラスト科卒。2001年『しゃばけ』で第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞しデビュー。「しゃばけ」シリーズ(『たぶんねこ』『すえずえ』『なりたい』など)はシリーズ14弾まで刊行される大ヒットシリーズとなり、現在も続行中。その他にも「まんまこと」シリーズなどがある。著作も多数で、『つくもがみ、遊ぼうよ』『若様組まいる』『明治・金色キタン』など。

畠中恵の好評既刊