小説現代

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

小説現代

定期購読お申し込み

講談社リブラリアンの書架

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

トップ > 単行本紹介 > ヴァラエティ

ヴァラエティ/奥田英朗

定価¥1200

ヴァラエティ

奥田英朗

大人気作家、蔵出し!

単行本初収録の短編、対談、and More!

あらすじ

「そんな無茶苦茶な……」
迷惑、顰蹙、無理難題。
人生、困ってからがおもしろい。

脱サラで会社を興した38歳の社長、
渋滞中の車にどんどん知らない人を乗せる妻、
住み込みで働く職場の謎めいた同僚……。

大人気作家、蔵出し!
単行本初収録の短編、対談、and More!

【初出一覧】
「おれは社長だ!」…「小説現代」2007年12月号、「毎度おおきに」…「小説現代」2008年12月号、「「笑いの達人」楽屋ばなし」…「オール讀物」2006年8月号、「ドライブ・イン・サマー」…『男たちの長い旅』(アンソロジー/2006年/徳間文庫)所収、「クロアチアvs日本」…「読売新聞」2006年8月12日(夕刊)、「住み込み可」…「野性時代」2012年3月号、「総ての人が<人生の主役>になれるわけではない」…「文芸ポスト」 Vol.26、「セブンティーン」…『聖なる夜に君は』(アンソロジー/2009年/角川文庫)所収、「夏のアルバム」…『あの日、君と Boys』(アンソロジー/2012年/集英社文庫)所収。

著者

奥田英朗(おくだ・ひでお)

1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家などを経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。第2作『最悪』がベストセラーに。2002年『邪魔』で大藪春彦賞を受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞。ほかの著書に『ガール』、『向田理髪店』など。2016年には『ナオミとカナコ』が連続ドラマ化されるなど映像化作品も多く、日本のみならず韓国でも絶大な人気がある。

奥田英朗の好評既刊

    なし