小説現代

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

小説現代

定期購読お申し込み

講談社リブラリアンの書架

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

トップ > スペシャルページ一覧 > 小池真理子インタビュー

私のなかを流れていったものたち

私のなかを流れていったものたち

小池真理子
聞き手 瀧井朝世

小池真理子 「千日のマリア」

男は抗い、女はたゆたう。

「生まれてから死ぬまでの『時間』。死に向かって生き続けるための哲学。この10年間、私はそればかりを考えて書いてきました」(著者)

義母の葬式で、男が思い浮かべた“女”の姿は――。
生と死、愛と性、男と女を見つめ続けた珠玉の8篇。

購入はこちら

小池真理子 「千日のマリア」

男は抗い、女はたゆたう。

「生まれてから死ぬまでの『時間』。死に向かって生き続けるための哲学。この10年間、私はそればかりを考えて書いてきました」(著者)

義母の葬式で、男が思い浮かべた“女”の姿は――。
生と死、愛と性、男と女を見つめ続けた珠玉の8篇。

購入はこちら

ご覧の環境では、object要素がサポートされていないようです。こちらからダウンロードしてお読みください。

PDFファイルにリンクします。こちらからお読みください