小説現代

小説現代

小説現代Facebookページ

小説現代Twitter

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

トップ > 山本一力『新世界ゼロ年』『ジョン・マン 金鉱編』

山本一力

『ジョン・マン 金鉱編』

『ジョン・マン 金鉱編』

山本一力

これまでのあらすじ
1849年、捕鯨船フランクリン号から帰港した万次郎は、スコンチカットネックのホイットフィールド船長宅を訪れた。船長に日本に帰国したい旨を伝える。かつて働いていた「ハシーの樽屋」にカルロスを訪ねる。

2018/10/22配信

ご覧の環境では、object要素がサポートされていないようです。こちらからダウンロードしてお読みください。

PDFファイルにリンクします。こちらからお読みください
著者プロフィール

山本一力 やまもと・いちりき
'48年高知県生まれ。'02年『あかね空』で直木賞を受賞。著書に『深川黄表紙掛取り帖』『牡丹酒』『朝の霧』『千両かんばん』など多数。最新作は『長兵衛天眼帳』。